山じい完全ウォッチング

名工大生の就活に必要な情報を発信中。名古屋工業大学キャリアサポートオフィス長 山下教授に完全密着。Presented by idG.inc

“名工大リケジョスイーツトーク”

【対談】アイシン精機小柳さん×山じい(後半)

f:id:idworks:20180228184030j:plain

 

名工大生においしい就活情報をお届けする対談企画「山じいと楽しい仲間たち」。山じいが公私で交流のある様々なプロフェッショナルをお招きしてお話を伺います。

 

 

今日は第一回の後半。「アイシン精機」 の人事、小柳菜穂子さんをお迎えして名工大ジョブマッチングの誕生秘話や小柳さんの今後の目標について伺いました。

 

前半の記事はこちら 

 

  

時代にフィットした名工大ジョブマッチングシステム

名工大ジョブマッチングシステムはどんな仕組みですか?

 

山じい:元々は精密機器メーカーのブラザーさんが化学専攻の学生を数名だけ採用するために考え出した仕組みです。

優秀な学生をほんの数名採用したいだけなのに、学生の応募が殺到するから推薦書を持って選考を受けても、ほとんどの学生が内定をもらえない。

それなら先に人事さんが学生を見極めてから、大学が推薦書を発行すればいいじゃない?っていう発想です。トヨタ自動車も昔からその形でされています。

初年度16新卒採用で賛同してくれたのは、アイシン精機さんとデンソーさんの2社でした。当時はちょうど経団連の解禁時期の変更があって、採用シーンの変革期だった。

 

小柳:タイミングが良かったですよね。経団連の変更が無かったら、社内で反対されていたかもしれません。

 f:id:idworks:20180228184235j:plain

山じい:そう、時期も良かったですね。選考開始が4月から8月に変更。「そんな時期に推薦持ってたのに落とされたらどうすんの」ってことでみんな前向きに考えてくれて、形骸化した学内推薦制度を刷新できました。

初年度にアイシン精機デンソーが賛同してくれて成功したからその後はものすごく進めやすかったです。最初は大企業だけだったけど、最近は中堅も参加してもらえています。

ある程度知名度のある企業でも、ジョブマッチングを使わないと全く母集団を作れない事例まで出てきていますよ。

 

小柳:学生も教授も企業も、みんながハッピーな状態で就職・採用活動できる良い仕組みですよね。

 

山じい:学生の推薦就職が飛躍的に増えたし、リクルートマイナビに踊らされて自由応募の就活が活発だった頃とは大きく変わってきたね。 

 

 

 

 アイシングループの総合力を伝えたい

ー19新卒採用のビジョンはありますか? 

 

小柳:アイシングループとしてのアピールを強化していきたいです。アイシングループにはそれぞれ専門性の高い素晴らしい会社がたくさんあります。学生の皆さん一人ひとりの個性が必ずどこかにマッチすると思うので、自分に合った会社を選んでもらえたら嬉しいです。

 

山じい:他の大手さんもその流れで動き出しています。中部電力なんか、人事とは別にグループ会社のことを考える為の部署まである。デンソーパナソニック古河電工、、東芝なんかもグループの活性化に取り組まれています。

見ていて思うのは、いかに親会社が動いてくれるかが鍵ですね。グループ会社のそれぞれが自社だけ説明して回っても効率が悪い。アイシングループなんかだと、アイシン・コムクルーズにしても、アイシン・インフォテックスにしても素人には違いが分からない。

 

小柳:分からないですよね。

 

山じい:そういうのは並べて一度に説明するのが分かりやすいんだよね。この仕事はうち、これはうちという感じで、役割分担している。だけど学生はサプライヤーって受注生産する下請け会社のイメージで、何も考えずに設計書通り作るだけの会社だと思っている。

もちろんそういう会社もあるけど、少なくともアイシングループさんはみんな違って、自社の考えを持ってやっていらっしゃる。それをどう学生に理解させるのかが課題ですね。

 

f:id:idworks:20180228183136j:plain

小柳:本当にそうなんです。専門性がある個を活かした集団なので、総合力をもっとアピールしていきたい。それを発信するのが採用の仕事だと思っています。アイシン・エィ・ダブリュアドヴィックスは知ってるけど、他は知らない。そんな学生にグループ全体を知ってもらって、最適な一社を選んでほしいと思っています。

 

山じい:早速来月にでも、上手にグループ会社の音頭を取ってイベントやってください。 

 

小柳:頑張ります!

 

 

 

入社後頑張れる環境がアイシン精機には整っています

ー小柳さん、最後に名工大生にひとことお願いします!

 

小柳:アイシン精機には今、400名ほどの元名工大生が在籍し活躍しています。若手、中堅社員はもちろん、技術部の部長クラスも名工大卒の方が多く活躍されています。活躍している先輩の背中を見ながら働けるアイシン精機はすごくいい環境だと思います。ぜひ、私たちの一員になってアイシングループを一緒に盛り上げて下さい!

 

山じい:400名!!ありがたいですわ。こんな企業さんのためにも就担(学科ごとの就活担当教授)だけじゃなくて、ちゃんと話せる人間が必要だよね?ってことでボクがいるんです。

 

 

f:id:idworks:20180228185849j:plain

 

ーってデレデレしちゃってー。役得にも程があります。小柳さんと山じい、今日はお時間いただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

f:id:idworks:20180228190806j:plain

 

アイシン精機株式会社
未来のクルマを支えるシステムサプライヤー
自動車部品(ドライブトレイン、ボディ、ブレーキ&シャシー、エンジン、情報関連)、住生活・エネルギー関連製品(ミシン、ベッド、GHP)の製造・販売を行っている。


公式サイト http://www.aisin.co.jp/

新卒採用サイト http://www.aisin-saiyou.com/

 


 

f:id:idworks:20180228190420j:plain


小柳 菜穂子さん
アイシン精機に新卒で入社し、人事に配属される。福利厚生や社内行事などを担当したのち、採用部門へ異動。高校生や留学生の採用を経て、現在は新卒採用に従事。学生時代はチアリーディング部で根っからの体育会系。説明会で一度会ったら忘れられない明るく魅力的な女性。アイシン精機への入社の決め手は何と言っても社風。 

 

 

 

 

 

 

次回の楽しい仲間は...?

次回は暮らしに欠かせないガスまわりの機器メーカー株式会社パロマの人事、渡邉裕幸さん!名古屋市瑞穂区にある本社工場に潜入して来ました!

 

 

blog.nityamakei.com

 

 

 

 記事の感想をお寄せください。

ご意見・ご感想フォームはこちら